自宅で手軽に英語学習! おすすめ教材&上手に取り入れるコツも

外出自粛でも自宅で手軽にできる英語教材や絵本などは、子供とスキンシップがとれておすすめです。楽しく英語が学べたら一石二鳥ですよね。そこで、英語とふれあるメリットやおすすめの教材、絵本などを紹介します。

幼児期から始める英語学習のポイント

幼児期から英語にふれさせるメリットや効果、親の関わ幼児期から英語にふれさせるメリットや効果、親の関わり方など、幅広く紹介しています。専門家によると、「幼児期の英語教育では、いつを目標地点として英語を学ばせているのかを意識することが大切」とのことです。「英語絵本の読み聞かせ」や「異文化に触れることの楽しさを伝える」など、家庭でできることも沢山あるので、ぜひ実践してみてください。

英会話教室&英語教材の選ぶ基準

英語教室や教材の選び方や親のサポ小学校でも英語が必須科目となり、小さいうちから英会話教室に通わせたり、英語教材を購入する家庭も増えているのでは? ここでは、英会話教室や教材の選び方、親のサポート方法について紹介しています。英語教材は、目的に合わせて選ぶことが大事で、親がしっかり吟味してから選ぶ必要があるそうです。子供が楽しみながら英語に親しむヒントをぜひ活用してくださいね。

英語絵本を上手に取り入れるコツ

英語の絵本をどう選べばいいのか、どのように読み聞かせればいいのかについて解説しています。絵本選びはは子供の興味に合わせるのが一番で、読み聞かせには「フォニックス」をとり入れるのがいいそうです! ちなみに、英語絵本の読み聞かせを始める前に、親子の日常会話に英語をとり入れて、ベースを作ることがとても大切だそうです!

自粛中に何度も繰り返しチャレンジすることで、いつの間にか上達しているかもしれませんね。ぜひ親子で一緒に英語にふれて、親子の絆も深めてください!

関連記事

  1. 人気「ホットプレート料理」21選 定番&変わり種&デザートも!

  2. 休校中のおすすめ「無料サービス」まとめ 学習やおうち遊びに!

  3. 「缶詰」の簡単&絶品レシピまとめ 外出自粛時にも便利! 

  4. 【育児はじめて物語】息子の「寝返り」を見守る【第1話】

  5. ストレスや悩みを緩和! ママ向け「無料カウンセリング」実施

  6. 【泣き虫ママの楽育日記】上履きに学ぶ「妥協しない癖」の付け方