人見知りで自分嫌いだった鈴木あきえさんが変われたワケ【後編】

いつも明るい笑顔でお茶の間を楽しませてくれる、タレントの鈴木あきえさん。子育てで大切にしていることを教えてくれた【前編】の最後には、「ずっと自分が嫌い」だったと気になる言葉も。幼い頃は人見知りだったというあきえさんが、どうやってコミュニケーションの達人になったのか? たくさんの失敗を乗り越えながら見つけた、自分との向き合い方を教えてくれました。

毎週金曜日の「なな→きゅう」では、8時05分ごろから、「いこーよ」に掲載されている情報をはじめ「子育て世代」や「これから親になる方」へ向けた情報・パパママニュースをお届けしています。番組公式HPはこちらから! 公式Twitterもあります。

周りと比較して欠点探しばかりしていた

未来:あきえさんは幼い頃どんな子どもでしたか? 

ものすごく人見知りする子どもでした。年子の姉と8歳下の弟がいるんですが、いつも姉の後ろに隠れていましたね。人とコミュニケーションをとる時はまず姉が先陣を切って、私はその後ろからひょいと顔をのぞかせて口を出す感じ。コミュニケーション上手にはほど遠い「人見知りのプロ」でした(笑)。

17歳でデビューした後もそれは変わらず、仕事で会う大人たちと何を話したらいいか分からず、マネージャーの後ろに隠れてばかりでしたね

未来:【前編】では「自分が嫌いだった」と言っていましたがどうして?  

自分の見た目も性格も、全部が好きじゃなくて。芸能界に入った時、キレイな人の多さに驚いて「私なんかがここにいちゃマズい」と思っていました。周りと比較して自分の欠点を探して、その欠点をごまかすことにしかエネルギーが向いていなかったと思います。欠点も全部受け入れて、これが自分の長所ですって言えるようになるまでは、すごく時間がかかりましたね。  

私を選んでくれた子どものためにも「自分を好きになろう」

未来:どうやって欠点を受け入れられるようになったんですか?

『王様のブランチ』で20代まるまる10年間リポーターを努めさせてもらったのですが、幅広いジャンルのゲストとお会いして、素敵な言葉をたくさんかけてもらいました。その言葉は携帯にメモして見返したりしているんですが、いろんな人の良い部分を吸収していったことで「私のこういうところ、良いじゃん」って少しずつ肯定できるようになっていった気がします。 

それからありがたいことに「あきえちゃんのこういうところ良いよね」と褒めていただく機会もありました。以前は褒められると「いやいやそんなお世辞は結構です」って謙遜していたんですけど、ある時思ったんです。そうやって自分を卑下することで、自分自身を傷つけているんじゃないかと。自分も相手も否定することになって、誰も得しないんですよね。そう気づいて「どんな自分も受け入れよう」と思えるようになってから、欠点に対する意識もだんだんと変わっていった気がします。

子どもが生まれてからは「こんな自分イヤだなって思っていたら、私を選んでくれた子どもに失礼だ」と思ったことがあって。親の私がそんなふうに自分を否定していたら、選んでくれたこの子の気持ちはどうなるんだろうと。自分のことを好きになろうという気持ちは、意識して心掛けていないとすぐ忘れちゃうので、毎年の目標として掲げるようにしています

 

次ページ>初めてのリポーター経験、厳しい現場でも逃げずにふんばれたワケ

1

2

関連記事

  1. 【インタビュー】諦めない気持ちと親子の絆が起こした「奇跡」-前編-

  2. 時間がある今こそ最適! 子供の写真&絵&工作の保存・整理術!

  3. 家族みんなで作る手料理は格別! おうち時間が特別な思い出に

  4. レゴがエールを込めて巨大キリン制作! 支援で招待券がお得に!001

    レゴがエールを込めて巨大キリン制作! 支援で招待券がお得に!

  5. 0~3歳の室内遊びにおすすめ! 親子でできるブックレク&手遊び

  6. 小学生のビジネス体験に最適! 自宅でできる「レモネード販売」