小1娘の生活改善に! 忘れ物や遅刻をなくす「問題解決」の練習法

生活習慣
食育や片付け、学校の準備など生活習慣についての記事

「楽しく・気楽に」、「生きる力を育む」をモットーに、姉弟(おませな小1女子&やんちゃな年中男子)の子育てに奮闘するママの日常を記したエッセイ。子育て中の学びや育児の工夫、子どもとの出来事で感じたことなどを紹介していきます。

今回は、以前紹介した「おしたく時計」で、朝の生活習慣を身につけようと奮闘していた小1娘のその後について。まだまだ身につかない「小学生らしい生活習慣」の改善を目的に、問題解決の方法について一緒に考えた話です。

 

続・朝のストレス

子どもが時間を意識して動ける「おしたく時計」を導入することで、朝のストレス(身支度が進まない娘を見て募るイライラ)を解消しようと考えていた我が家。

時計を導入してしばらくは様子を見ていたのですが、「時計を見る」という行為そのものを忘れてしまう模様。結局「早くしなさい」という声かけが、「時計見てる?」「今なんの時間?」という確認に変わっただけでした(笑)。

なかなか状況が改善されないので、一度声かけをやめてみることに。声をかけなければ「遅刻」する可能性が高いですが、本人が「困った」と実感しない限り、自ら動けるようにならないだろうと思ったからです

結局その日は、20分ほど遅刻。入学して間もない1年生が遅刻なんて、さぞバツが悪い思いをしただろうと娘の変化を楽しみに帰宅を待っていたのですが…全然響いてない! 先生から特別注意を受けることもなく、逆に注目を浴びてちょっとおいしいくらいの面持ちで帰ってきてしまいました(はぁ…)。

とはいえ、遅刻を黙認するわけにはいきません。それに、朝の身支度以外にも「夜寝る時間が遅い」「忘れ物が多い」など、生活面で気になることがいくつもあり、溜まりに溜まった母のイライラが爆発(笑)。緊急家族会議をすることになりました。

次のページ>「問題点」を考える

SHARE ON
Facebook
Twitter
2013年に長女、2015年に長男を出産し、育児に奮闘する日々。家の中にいるのは苦手で、新しい場所やモノが大好きな「THEミーハー」体質。子どもたちにもさまざまな経験をさせるべく、家族のおでかけや遊びの計画をたてるのが日課。趣味は読書、ドライブ、DIY、ヨガ、お酒、シートマスク検証、写真撮影。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 赤ちゃんの初めての習い事に「プール」を選んだ理由と意外な効果

  2. 【年齢別】未就学児にオススメの非認知能力アップに繋がる絵本5選

  3. 学年別「子どもを伸ばす」コツ 小学生が身につけるべきスキルとは?

  4. 本当に子どもが夢中になる?「プログラミング的思考」が学べるパズルに挑戦

  5. 【応募受付終了】キミが考えた妖怪が本に掲載!? オリジナル妖怪大募集!

  6. “色”を楽しむ|「どんなにきみがすきだかあててごらん なつのおはなし」