乳幼児ママ必見! 子どもの成長を見える化する「作品収納術」

「楽しく・気楽に」、「生きる力を育む」をモットーに、姉弟(おませな小1女子&やんちゃな年中男子)の子育てに奮闘するママの日常を記したエッセイ。子育て中の学びや育児の工夫、子どもとの出来事で感じたことなどを紹介していきます。

<育児アイデア箱>

フルタイムで仕事をしながら、日々成長する子どもたちとドタバタな毎日を送る中で、さまざまな工夫をして育児を楽しんでいます。このコーナーでは、これまで私が実践してきた「育児の工夫・アイデア」を紹介していきます。
今回紹介するのは…

作品ファイル
工作などで日々増え続ける子どもの「作品」を保存しておくための収納アイデア。立体的な作品や大きな画用紙の作品を一度データ化することで、すべての作品を省スペースで保存しておくことが可能です。

子どもの作品は「成長の証」がいっぱい!

保育園や学校で工作したものを持ち帰ったり、家で絵を描いたり…子どもは毎日のように創作活動をします。その作品はどれも子どもにとっての「初めて」で溢れていて、成長の証そのものです

子どもが初めて画用紙に描いた絵(絵というより線)や、初めて作った立体作品、覚えたての文字で初めて書いてくれた手紙(ほぼ暗号)…正直、解読に苦労するようなものも多いですが(笑)、親にとってはどれもかけがえのない宝物ですよね

全て大切に保存しておきたいものの、これらの作品を全てとっておくには、かなりの収納スペースが必要。そこで今回は、省スペースでも可能な作品収納アイデアを紹介します。

5年分の思い出が1冊に!


準備するもの

  • バインダーファイル
  • クリアポケット
  • プリント用紙

作り方

  1. スマートフォンで子どもの作品を撮影するする(絵など平面の作品は、プリンターでスキャンしてもOK「紙用カメラ」というアプリを使って撮影すると、スマートフォンでスキャンできます。クレヨンのタッチまでしっかり残すことができるのでおすすめ!
  2. スキャンした画像をプリントしたものをクリアポケットに入れ、バインダーにフォルダリングする

画像化できた作品は、思い切って捨てます(子どもに確認してどうしても残しておきたい作品や、手紙など現物をとっておきたいものだけは残してあります)。たったこれだけのことですが、この方法なら全ての作品を思い出として保存しておけます。

次のページ>一工夫で思い出が振り返りやすい!

1

2 3

関連記事

  1. 都内で入館無料! 幼児から楽しめる「警察博物館」で憧れのお仕事体験

  2. 3歳~5歳にオススメ! 子供の好奇心が倍増する「図鑑」活用法

  3. 子供向け「マスクの正しい付け方動画」 歌いながら楽しく学べる

  4. 「特別定額給付金」何に使う? 主婦が選ぶ断トツ1位の回答は?

    「特別定額給付金」何に使う? 主婦が選ぶ断トツ1位の回答は?

  5. 家事育児に怒られ続けたパパが編み出した「妻とケンカしない方法」

  6. 育児はじめて物語「抱っこ」

    「抱っこ」から「抱きしめる」へ。4歳児に「好き」を伝える愛情表現