発達障害の4歳息子が「おままごと」を! そこで見つけた心の成長とは?

子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。これは、発達がゆっくりな5歳の息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。今回は「おままごと」がテーマです。

精巧にできた家具に夢中

息子が2歳くらいのとき、児童館にある「シルバニアファミリー」で遊ぶようになりました。といっても「おままごと」というよりは階段に指をはわせたり、エレベーターの仕掛けを動かすくらい。当時の息子は階段やエレベーターに興味があって、どうやらシルバニアファミリーが小さいながらも精巧に実物を再現しているのが気に入ったようです。

我が家にシルバニアファミリーがやってきた!

その後もときどき児童館で遊ぶ様子を観察していると、3歳ごろから人形を使って階段やエレベーターを昇り降りするように。人形に自分や他人を投影させて遊ぶようになったのは成長かな…と思いつつ「このくらいの楽しみ方なら児童館で遊ぶので十分」だと感じていました。

しかし、転機は息子が4歳5カ月のときに訪れました。自治会のバザーで「はじめてのシルバニアファミリー」が人形6体つきで1,000円で販売されていたのです。このセットには2階建ての家にベッド、キッチン、調理器具、階段、テーブル、イスが入っていて、定価で買えば3,000円以上はするもの(人形は1体のみ)。人形つきでこれは安い……! 息子も気に入ったようなので夫婦で相談して購入しました。

次のページ>「朝のルーチンが『おままごと』に」

1

2

関連記事

  1. 0~3歳の室内遊びにおすすめ! 親子でできるブックレク&手遊び

  2. 中2で将来を決めた江戸切子職人 清秀さんの「やりとげる力」とは【つくる人】

  3. プレゼント企画「〇日目の君へ」 応募作品を一部紹介!

  4. 初恋は成長のチャンス!4歳男子をやる気に変えた「小さな恋の物語」

  5. 進研ゼミが「実力診断テスト」無料実施 休校中の学力不安を解消001

    進研ゼミが「実力診断テスト」無料実施 休校中の学力不安を解消

  6. 【森のようちえん】園庭は海と山「海の保育園」の魅力と伸びる力・カリキュラム(神奈川県逗子市「うみのこ」)