幼児の「寝かしつけ」が楽しくなる! その秘密はプロレス!?

相手の技をトコトン受ける

プロレスでは強い自分を見せるために「相手の技をあえて受けて、耐えること」がよくあります。相手の力を100%引き出したうえで勝つのが美学なのです。うちの息子の場合「体力が尽きるまでは寝ない主義」なので、僕に話しかけてきたり、足や手をバタバタしたりして寝かしつけを妨害してきます。

息子が振り上げた足をつかんで足の裏をもんだり、しばらく上下に動かすのをつきあったりして相手の技を受けます。技を受けることで体力を消耗させ、子どもの気持ちを満足させると入眠がスムーズになります。

フィニッシュホールドで決める

姉妹サイト「いこーよ」でインタビューに答えてくれた真壁刀義さんの「キングコング・ニーアタック」など、プロレスラーには試合を決める技「フィニッシュホールド」があります。我が家の寝かしつけでは「腕まくらをしながら、子どもの両足を膝の裏から抱え込む」など、「最終的に寝た姿勢と技」がフィニッシュホールドと呼んでいます。子どもが寝たあとに「決め技は『腕まくら赤ちゃん固め』」など、適当な名前をつけると楽しいのでおすすめです。一時期は毎回、妻にフィニッシュホールドを報告していました(笑)。

寝た「あと」もプロレスは続く

子どもが寝てくれたら試合は僕の勝利、先に寝てしまったら僕の負けです(その場合は妻が乱入します)。ただし、うちの子は寝相がひどいので寝たあとも油断できません……。顔に裏拳が当たったり、足が飛んできたり、上にのしかかられたりします。最終的にいつも勝つのは息子なのかもしれませんね……。

大変に思うことでも何か好きなこととうまく結びつけると、意外に楽しめることは多いと思います。プロレスファンのパパは今夜、ぜひ寝かしつけプロレスを楽しんでみてください。

1

2

関連記事

  1. 初恋は成長のチャンス!4歳男子をやる気に変えた「小さな恋の物語」

  2. 4歳の息子が泣くほど嫌な「電動鼻水吸引器」を克服した方法

  3. 【学びの最前線】デンマーク発の幼児教育「森のようちえん」徹底ガイド 特徴と伸びる力・カリキュラム・保育料・卒園後の様子とは?

  4. 専門家が自然の魅力を生解説 無料の子供向け観察会をネット開催002

    専門家が自然の魅力を生解説 無料の子供向け観察会をネット開催

  5. いつ「おとうさん」と呼んでくれる? 初語はあのCMのリズムでまさかの〇〇

  6. 入学準備に学ぶ「妥協しない癖」の付け方~小1女子の上履き事情~