【注目の新刊】世界の名作をもとにしたクイズで「読解力」が伸びる!

注目の新刊や、絵本コラム、生活スタイル別の絵本の紹介の記事

子どもの成長や子育てに役立つ本を厳選して紹介します。今回は「「読解力」がぐんぐん伸びる 名作おはなしれんしゅうちょう (監修:横山洋子(千葉経済大学短期大学部 こども学科教授)、問題構成:入澤宣幸、編:学研の幼児ワーク編集部)」です。

クイズ感覚で楽しく読解力が身につく!

「読解力」とは、一般的に文章の意味を読んで内容を理解する能力のこと。教科書を読むのはもちろん、テストの問題なども読解力が低いと間違いのもとになってしまいます。社会人になってからも必要となる「読解力」を、世界の童話や昔話を使って幼児期から楽しく学べる練習帳です。

最初は短い文章から始まり、〇をつけるクイズ形式やシールを貼るだけで解ける問題も。少しずつ進めていくことで、文章をていねいに読み解く力がついていきます。

名作から教訓を学びとれる

「うさぎとかめ」や「きたかぜとたいよう」のようなイソップ童話をはじめ、「ももたろう」「うらしまたろう」などの日本の昔話、「ヘンゼルとグレーテル」などの世界の昔話、「はだかのおうさま」などのアンデルセン童話など、さまざまな名作がモチーフに。問題を通して「努力することの大切さ」や「正直でいることの大切さ」などの教訓を学べます

「未来へいこーよ」スタッフの注目ポイント

最初は短い文章と簡単な問題から、徐々にステップアップできる構成になっていているのがいいですね。問題はイラストと文字が大きく配置されているので、絵本を読ませるのと同じイメージで挑戦させやすいです。また、設問のほうにもイラストが描いてあって内容がわかりやすく、子どもが自分で文字が読めなくても、大人が問題を読んであげれば答えられる問題もあります。30作品の物語のあらすじがわかるので、好きな名作を見つけることで絵本や童話を読むきっかけにもなりそうです(KAZ)。

「読解力」がぐんぐん伸びる 名作おはなしれんしゅうちょう
本体予価825円(税込) ISBN978-4-05-205221-7
購入はこちら(Amazon)

SHARE ON
Facebook
Twitter
5歳の息子と2歳下の妻と暮らすパパで、息子が成長していくにつれて「育児が最高におもしろい!」と気づいて、某ゲーム雑誌編集部からアクトインディに入社。発達がゆっくりな息子と向き合いながら、毎日笑いの絶えない生活を送る。子育て以外ではゲームとお酒が好き。息子の影響で鉄道にも詳しくなった。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. スキーとスノボー、子供のデビューはどっちがいい? 年齢も紹介

  2. ピクニックがより楽しく!3歳からの自然を楽しむグッズ&アイデア

  3. 初のインスタグラム企画「#海にいこーよ」 応募作品を一部紹介!

  4. 小学生の自宅学習を助けるアイデア満載 「自学ノート図鑑」発売001

    小学生の自宅学習を助けるアイデア満載 「自学ノート図鑑」発売

  5. 子供の知的好奇心を育む! おすすめ「乳幼児向け図鑑」まとめ

  6. 雨の日に最適&自宅で楽しめる! 親子で感動「ピタゴラ遊び」

  1. 変わり種&ユニークなおすすめ図鑑5選 骨・感染症・お寿司も!

    2021.04.16

  2. 家庭でできる知育遊び! 真似したい「おうちモンテ」実例集

    2021.04.16

  3. 加藤路瑛 母 親子

    12歳で社長! 母が子育てのゴールを感じた「親子起業」とは?

    2021.04.16

  4. 【学びの最前線】100年続く最先端アクティブラーニング! シュタイ…

    2021.04.16

  5. 楽しみながら賢くなれる!親子で始める「あやとり」

    2021.04.15

  1. 子どもを叱る時間が長い親は自己肯定感が低い!? 褒める力の育み方

  2. 正しい鉛筆の持ち方できれいな字が書けるって本当!?

  3. 親子でしっかりルール作りを!ゲームが脳に与える影響とは?

  4. 害獣はなぜ増えた? 家族で生命を考え動物やSDGsも学べる体験講座…

  5. 人気習い事ランキング! 費用&掛け持ち数&メリデメも

みらいこSNSをフォロー