【注目の新刊】世界の名作をもとにしたクイズで「読解力」が伸びる!

子どもの成長や子育てに役立つ本を厳選して紹介します。今回は「「読解力」がぐんぐん伸びる 名作おはなしれんしゅうちょう (監修:横山洋子(千葉経済大学短期大学部 こども学科教授)、問題構成:入澤宣幸、編:学研の幼児ワーク編集部)」です。

クイズ感覚で楽しく読解力が身につく!

「読解力」とは、一般的に文章の意味を読んで内容を理解する能力のこと。教科書を読むのはもちろん、テストの問題なども読解力が低いと間違いのもとになってしまいます。社会人になってからも必要となる「読解力」を、世界の童話や昔話を使って幼児期から楽しく学べる練習帳です。

最初は短い文章から始まり、〇をつけるクイズ形式やシールを貼るだけで解ける問題も。少しずつ進めていくことで、文章をていねいに読み解く力がついていきます。

名作から教訓を学びとれる

「うさぎとかめ」や「きたかぜとたいよう」のようなイソップ童話をはじめ、「ももたろう」「うらしまたろう」などの日本の昔話、「ヘンゼルとグレーテル」などの世界の昔話、「はだかのおうさま」などのアンデルセン童話など、さまざまな名作がモチーフに。問題を通して「努力することの大切さ」や「正直でいることの大切さ」などの教訓を学べます

「未来へいこーよ」スタッフの注目ポイント

最初は短い文章と簡単な問題から、徐々にステップアップできる構成になっていているのがいいですね。問題はイラストと文字が大きく配置されているので、絵本を読ませるのと同じイメージで挑戦させやすいです。また、設問のほうにもイラストが描いてあって内容がわかりやすく、子どもが自分で文字が読めなくても、大人が問題を読んであげれば答えられる問題もあります。30作品の物語のあらすじがわかるので、好きな名作を見つけることで絵本や童話を読むきっかけにもなりそうです(KAZ)。

「読解力」がぐんぐん伸びる 名作おはなしれんしゅうちょう
本体予価825円(税込) ISBN978-4-05-205221-7
購入はこちら(Amazon)

関連記事

  1. SNSで話題! 自宅で外食気分&子供喜ぶ「プラレール回転寿司」

  2. 子どもの初チャレンジを応援! 手料理で感謝の気持ちを伝えよう

  3. 「弱点は克服するな、長所は伸ばすな」中村元さんの逆転の発想が強いワケ

  4. 【育児はじめて物語】怒りは「キーーーッ!」から始まる【第3話】

    発達障害の息子が4歳で初めて怒った! パパがとった対応とは?

  5. かけっこ・縄跳び・逆上がりが7日間で上達! ノウハウ本が発売001

    かけっこ・縄跳び・逆上がりが7日間で上達! ノウハウ本が発売

  6. 家事が苦手なパパ必見! 朝の5分で妻に感謝される方法