発達障害の4歳息子がYouTubeで成長したところとは?

子どもは小さな「初めて」をたくさん経験して成長していきます。これは、発達がゆっくりな4歳の息子がいるパパが、息子との「初めての体験」から得た感動や小さな成長を見つけていくお話です。今回は「YouTube」がテーマです。

「泣き止む動画」では泣き止まず…

初めて育児にYouTubeを使ってみたのは、息子の夜泣きに悩まされていたとき。「赤ちゃんが泣き止む動画」と「赤ちゃんが寝る動画」を検索して見せてみたところ、どれも全然ダメでした(笑)。再挑戦は2歳8カ月の頃。3歳児向けの「こどもちゃれんじ ぽけっと」のお試しDVDを見たときに案外反応がよかったので、YouTubeで同じような知育動画を探してみたんです。

その中でヒットしたのが「東京ハイジ」の「はみがきのうた」。「やーだもん やーだもん」「ごしゅしゅ ごしゅしゅ」など歌詞を繰り返すところが好きで、歯磨きに挑戦してくれるいいきっかけになりました。また「ようこそ!ゆきだるまのパーティへ! 」も好きで、小さなゆきだるまがマンボのリズムに合わせて歌って踊る場面では、息子もキャーキャー言いながら手をジタバタさせて踊っていました。その後しばらく息子がグズッたときに、この動画は大活躍でした(笑)。

東京ハイジの2つの動画は、子どもが発音しやすい言葉が歌詞になっているのと、同じ言葉を繰り返し使うことで「1つの言葉を覚えれば1フレーズ歌える」というのがよかったんだと思います。絵本が歌になった「はらぺこあおむし」の動画などもお気に入りで、このころから動画を見ながら歌えるようになってきました。

「『学ぶ』は『まね(真似)ぶ』」という言葉があるように、歌や踊りに興味を持って「自分でやってみよう!」と思って行動したのは成長の証ですね。このころから動物や果物の名前を当てたりする知育系の動画も見るようになってきました。

次のページ>「動画で興味の幅が広がった!」

1

2

関連記事

  1. 子供の寝かしつけのコツ&悩み解消! 快眠グッズ&アンケートも

  2. 【家庭でSTEAM教育】「安心感」を感じられない子が伸びない理由(プログラミング教室・ステモン)

  3. 【子どもと手仕事日記帳7月】「トウモロコシご飯」作り体験を子どもは楽しめる? 知っておきたい!楽しい、難しい等のポイントと注意点

  4. 育児はじめて物語「抱っこ」

    「抱っこ」から「抱きしめる」へ。4歳児に「好き」を伝える愛情表現

  5. 子供と一緒に「おうちピクニック」 お弁当アレンジレシピ紹介

  6. 4歳の息子が泣くほど嫌な「電動鼻水吸引器」を克服した方法