【やさしいパパのなり方 その3】スマホを封印し家事育児に集中する

ゲームキャラの育成より、目の前の子どもの育成が先

スマホって、ゲームやメール、SNSなど「つい見ちゃう」ものがたくさん入っていますよね。すごく便利だけど誘惑も強い。持っていなくても、見えるところにあると通知のランプが光って気になってしまいます。そこで子どもの寝かしつけが終わるまで別室に置いてスマホを封印(充電)することにしました。

じつはスマホを直接視界に入らないようにすることは、ビジネス書で「集中するためのテクニック」として紹介されていたもので、ホントに気にならなくなります。ゲームができないのは痛いですが、帰宅してから子どもが寝るまではせいぜい2~3時間のこと。ゲームキャラの育成より、目の前の子どもの育成が先です。

妻が座るまでは自分もソファーに座らない

スマホを封印した僕は、自分でできることを探すために妻の行動と部屋の状態をじっと観察しました。今思えば怒ったあとにじっと見つめられているのは、妻からしたらちょっと怖かったかもしれません…。しかし、こうすることでやるべき家事が見えてきました!

テーブルを拭く

夕飯を食べたテーブルを拭く。息子が散らかしたおもちゃを少しずつ片づける。息子の歯磨き。オムツをチェックして必要なら替える。ゴミ捨て前日ならゴミをまとめるなど、妻がやっていたことで自分ができることはササッと交代します。

そうしていく中で生まれたのが「妻が座るまでは、自分もソファーに座らない」ルール。妻が座っていないということは、なにかの家事育児が残っている証拠なのです。最近では息子のご飯を食べさせる、お風呂に入れる、歯磨き、寝る前のトイレ、寝かしつけと僕がやれる夜の育児がかなり増えました。

寝かしつけ後の自由時間は格別

寝かしつけが終わったあとは、スマホを解禁。冬場は温かいお茶を僕が淹れます。これも以前は妻がやっていたものです。夫婦でスマホを見ながら、録画したテレビ番組を見たりしています。やるべきことがすべて終わったあとのゆったりした時間は、夫婦にとって格別なもの。2人でこうした時間が過ごせるのも、スマホを封印して「試合に参加した」からなんですよね。明日もがんばります!

1

2

関連記事

  1. 子供も大人も楽しく本格エクササイズ! おばたのお兄さんが考案

  2. これで家事がラクになる!? 便利な掃除テクニック&楽しむコツ

  3. 親子で楽しめる! 子供向け「間違い探し」上級編まとめ

  4. 子どもと楽しむ6月の「手仕事」初心者ママパパのための「梅シロップ」の作り方や保存容器・消毒法/「のうカフェ」のキッチン便り(1)

  5. プレゼント企画「〇日目の君へ」 応募作品を一部紹介!

  6. 子どもに贈るメッセージ「◯日目の君へ」受賞作品発表!【 第2弾】