子どもと楽しむ8月の「手仕事」初心者ママパパのための「夏野菜のピクルス」の作り方とポイント/「のうカフェ」のキッチン便り(3)

「夏野菜のピクルス」の作り方4.煮立たせよう

沸騰して砂糖が溶けたらピクルス液は完成

計量したピクルス液の材料を火にかけてさっと煮立たせます。

熱いピクルス液に野菜を漬けると味の染み込みが速い

砂糖が溶けたらそのままそこに300グラムの野菜を入れ、一煮立ちさせ、人肌に冷めたら冷蔵庫でさらに冷やして完成です。

「いろいろな漬け方を試してみましたが、冷蔵庫に入っていた野菜はしっかり冷えているから、液が中途半端に冷めてしまうので、野菜を入れて一煮立ちさせる方法をおすすめしています」(ユッキーさん)

完成! 夏野菜のピクルス

冷たくてさっぱりした夏野菜のピクルス! 冷蔵庫に常備しておくと、カレーや冷やし中華に添えたり、枝豆と一緒におつまみとして出しても喜ばれます。

「ピクルス」というイメージで口広の瓶を撮影用に用意しましたが、毎日の料理に取り入れるなら、大きなタッパーで漬けるほうが出し入れがしやすく便利です

8月の手仕事としておすすめの「夏野菜のピクルス」を紹介しました。簡単だけれど楽しい手仕事時間を子どもと過ごしてくださいね。

ユッキーさんの愛情あふれる料理を食べてみたいという人は「のうカフェ」へもぜひ足を運んでみてください。
 

【子どもと季節の手仕事8月「夏野菜のピクルス」のラインナップ(順次公開)】
Part1
 「夏野菜のピクルス」の作り方(基本のレシピ)(この記事)
Part2 子どもが自分で「夏野菜のピクルス」を作ったら?(体験記)
Part3 「ゴーヤのピクルス」のレシピ

【今後の季節の手仕事ラインナップ】
6月 梅シロップ
7月 とうもろこしご飯
8月 夏野菜のピクルス(この記事)
9月 ぶどうジュース
10月 さつまいも(スイートポテト)もしくは新米(おにぎり)
11月 リンゴ(アップルパイ・コンポート)
12月 大根(切干大根)
1月 お餅(いちご大福)
2月 手作り味噌
3月 小豆あんこ(ぼたもち)
4月 たけのこ(たけのこご飯)
5月 トマト(ソース)
6月 ジャガイモ(ポテトフライ/いももち)
※内容は予告なく変更する場合があります

【埼玉県熊谷市】母めし食堂「のうカフェ」

・埼玉県熊谷市下奈良391
・月曜・日曜・祝日定休
・048-577-4342
・営業時間 11:00~15:00(LO14:00) 15:00~17:00(予約のみ)
のうカフェ

1 2

3

関連記事

  1. 人気「ホットプレート料理」21選 定番&変わり種&デザートも!

  2. 火を使わないから安心&簡単! おうちで楽しめる親子料理まとめ

  3. 自宅でできる効果的な運動&肩こり・腰痛解消法! 専門家が伝授

  4. 【子どもと手仕事日記帳7月】「トウモロコシご飯」作り体験を子どもは楽しめる? 知っておきたい!楽しい、難しい等のポイントと注意点

  5. 【泣き虫ママの楽育日記】「ママペイ」で社会の仕組みを疑似体験!

  6. 自宅で便利な「おうち給食」 1食で栄養満点&アレンジレシピも