【やさしいパパのなり方 その2】ゴミ捨てで学ぶ家事と仕事の共通点

ゴミ捨てを忘れない仕組みを作る

課題はゴミ捨てを忘れてしまうこと。この課題を解決するには…「出発時に玄関の前にゴミ袋が置いてある」状態にすればいいですよね。うん、これなら忘れないです(笑)。とはいえ当日のゴミを入れる都合があるので、前日に準備はできません。そこで朝の仕事が終わる前に「ゴミを詰める時間を作る」ことにしました。そこでスマホのアラームを写真のようにセット!

スマホのアラーム画像

スマホのアラーム機能は、かなり細かいところまで設定できるので便利。

アラームが鳴ったらゴミを回収してまとめておきます。さらに、スマホを手元に置いていないときも考えて、社内SNSでもアラームをセット。これで仕事中なら必ずアラームに気づけます。二段構えの対策が功を奏して、それから僕はゴミ捨てを忘れないように。妻から届くLINEの内容もやさしくなりました。

失敗したら「どうしたら次に失敗しないか」を考えて対策する。その繰り返しでミスは減って、よい習慣につながります。今回の対策自体は簡単なことですが、仕事で普段から使っている考え方やテクニックが、家事にも応用できることに気がついた瞬間でした。じつはこの先も家事育児で「どうしよう?」となったときにスケジューリング、効率化、役割分担など仕事で学んだことが役に立つのですが、それはまた次回以降に……。

1

2

関連記事

  1. 家族で楽しく読書をしよう! 年齢別のおすすめ絵本&メリット

  2. 子供&女性向けの使い捨てマスクが購入できる! 品質管理も徹底001

    子供&女性向けの使い捨てマスクが購入できる! 品質管理も徹底

  3. おうちで楽しめるおすすめ知育遊び! 子供が夢中のアイデア満載

    おうちで楽しめるおすすめ知育遊び! 子供が夢中のアイデア満載

  4. ストレスや悩みを緩和! ママ向け「無料カウンセリング」実施

  5. お得で便利な「おもちゃレンタルサービス」 ベビー用品&選び方

  6. 4~6歳の室内遊びに最適! 親子でできる粘土&手作りおもちゃ