自宅で体を動かせる 親子の「じゃれつき遊び」メリット&遊び方

外出自粛によって、体力が有り余っている子供に頭を悩ませるママパパも多いのでは? そこでおすすめなのが、親子で体を動かせる「じゃれつき遊び」。メリットや遊び方のポイントを詳しく紹介します!

じゃれつき遊びとは?

じゃれつき遊びは、大脳前頭葉を刺激し、子供の人生を豊かにする遊び。栃木県宇都宮市の「さつき幼稚園」で毎朝行われていることでも知られています。まずは遊びのメリットをチェックしましょう。

基本となる抱っこのポイント

じゃれつき遊びの基本は抱っこ。子供を抱きしめて話しかけたり、ゆりかごのように抱くなど、重要なポイントがあります。抱っこの大切さや、やり方について詳しく紹介します。

パパにおすすめの遊び方

じゃれつき遊びは、体力のあるパパにもおすすめ! 腕にぶら下がったり、全体重をかけてパパの体にしがみついたりと、全身を使ってダイナミックに遊ぶ方法を紹介します。

ぜひ元気いっぱいの子供と試してみてくださいね。

関連記事

  1. 【注目の新刊】思春期最大の悩み「友だち関係」を齋藤孝先生がやさしく解決

  2. 鈴木あきえさんが子育てで大切にしているココロのスキル【前編】

  3. 家にあるもので簡単に作れる! 牛乳パックを使った工作まとめ

  4. 育児はじめて物語「抱っこ」

    「抱っこ」から「抱きしめる」へ。4歳児に「好き」を伝える愛情表現

  5. かけっこ・縄跳び・逆上がりが7日間で上達! ノウハウ本が発売001

    かけっこ・縄跳び・逆上がりが7日間で上達! ノウハウ本が発売

  6. 子供と大人のご飯が一度に完成! 無料で「時短レシピ」紹介!