自宅で体を動かせる 親子の「じゃれつき遊び」メリット&遊び方

外出自粛によって、体力が有り余っている子供に頭を悩ませるママパパも多いのでは? そこでおすすめなのが、親子で体を動かせる「じゃれつき遊び」。メリットや遊び方のポイントを詳しく紹介します!

じゃれつき遊びとは?

じゃれつき遊びは、大脳前頭葉を刺激し、子供の人生を豊かにする遊び。栃木県宇都宮市の「さつき幼稚園」で毎朝行われていることでも知られています。まずは遊びのメリットをチェックしましょう。

基本となる抱っこのポイント

じゃれつき遊びの基本は抱っこ。子供を抱きしめて話しかけたり、ゆりかごのように抱くなど、重要なポイントがあります。抱っこの大切さや、やり方について詳しく紹介します。

パパにおすすめの遊び方

じゃれつき遊びは、体力のあるパパにもおすすめ! 腕にぶら下がったり、全体重をかけてパパの体にしがみついたりと、全身を使ってダイナミックに遊ぶ方法を紹介します。

ぜひ元気いっぱいの子供と試してみてくださいね。

関連記事

  1. 創造力が育める「室内遊び」 ダンボール工作・ピタゴラ・粘土も

  2. 【森のようちえん】園庭は海と山「海の保育園」の魅力と伸びる力・カリキュラム(神奈川県逗子市「うみのこ」)

  3. 自粛時は電子書籍が便利! 年齢別のおすすめ&デジタル絵本紹介

  4. 息子の初めての寝返りの瞬間! そのときパパは何をしたか!?

  5. 「弱点は克服するな、長所は伸ばすな」中村元さんの逆転の発想が強いワケ

  6. おすすめ&ユニーク子供部屋アイデア集 押入れ改装&収納術も!