家事が苦手なパパ必見! 朝の5分で妻に感謝される方法

家事育児を「やりたい!」という気持ちがあっても、どこから手をつけていいかわからず、かえって妻に迷惑をかけてしまう…そんな経験はありませんか? ゼロからの家事育児を体験したパパが、失敗と試行錯誤を重ねながら「優しいパパ」になっていく様子を「易しく」紹介していきます。

いつの間にか家のどこに何があるか、わからなくなっていた

我が家では結婚してからしばらくの間、妻が専業主婦として家事を回していました。子どもが生まれてから妻の手が回らなくなってきたので、僕も家事育児を積極的にやりたいと思ったところ、あることに気がつきました。

食器や洗濯物を入れる場所、料理の手順にいたるまで家事全般が「妻のやり方」にカスタマイズされていて、どこに何があるかわからないのです。お茶碗が入っている引き出しは毎回間違え、洗濯物は違うところに服を入れてしまう始末…。これはまずい。

僕は家事や育児はサッカーやバスケットボールのようなチームスポーツに似ていると思っています。食事や掃除、洗濯、お風呂、寝かしつけなどがうまくできれば「1ゴール」、なんやかんや失敗すると「ゴールを奪われた」というイメージです。1日トータルで見て、うまくできたことが多ければ「勝った」といえますね。

それに当てはめると、当時の妻は1人で攻撃も守備もしていて、僕にまったくパスをしてくれない状態。というか、パスを受け取るべき場所に僕がいないので、妻のほうもパスが出しにくく、結局1人で全部やっちゃってるんです。これはまずい。なんとか自分でやれることを探さないと!

次のページ>「何かできることはない?」「自分で考えろ」

1

2

関連記事

  1. 自粛時は電子書籍が便利! 年齢別のおすすめ&デジタル絵本紹介

  2. 面倒な家事をラクにする「魔法の箱」をDIY! 子どもを伸ばす効果も

  3. 自粛明けの「子供のメンタル」はどうなる? 生活&学習面も紹介

  4. 想像力かきたてる“文字のない”絵本|「アンジュール」

  5. スマホから小児科医に相談! 自宅でオンラインサービスが無料に

  6. 子供に伝わりやすい叱り方&褒め方 性別&年齢別にチェック!