【サイエンスクッキング1】塩で「瞬間シャーベットショー」のレシピと自由研究のまとめ方/幼児、小学生、中学生向けポイント 実験遊び・STEAM教育にも

学校・勉強
勉強についての悩みや幼稚園選びなどの記事

自分や誰かのためにと考えながら手を動かして料理を作り、楽しく食べる時間を過ごすことは、サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、アート、マスマティックスという今注目のSTEAM教育の5つの要素を総合的に伸ばせる取り組みです。

この連載では、料理を特にサイエンスの視点で楽しみながら、STEAM教育の5つの要素を体験できるアイデアを紹介します。自由研究の導入にぴったりなだけでなく、知っていると楽しく美味しく料理が作れるようになる知識や技も身につきます。

第1回目は、「たばこと塩の博物館」の学芸員・高梨 浩樹さんに教えていただきながら塩の不思議な世界を垣間見られるサイエンスクッキングを紹介します。実際にやってみて気づいた点、難しかった点も合わせてレポートします。

たばこと塩の博物館

第1回目のテーマは、「塩で『瞬間シャーベットショー』」を楽しもう!

所要時間:約20分

第1回目に紹介するのは、氷水に塩を加えると0度以下に下がる現象を利用して子供の目の前で短時間でシャーベットを作ってしまう「瞬間シャーベットショー」です。

細長いプラスチック容器に入った「チューペット」や「ポッキン」などと呼ばれるアイスを、子どもの目の前でシャーベットにします。通常は冷凍庫で数時間かけて凍らせるものが、目の前であっという間に出来上がることに、子供も興味を示すこと間違いなしです。

※氷点下まで温度が下がった氷を扱います。実験は必ず大人の監督のもとで安全に行ってください。

「塩で『簡単シャーベットショー』」の材料と道具

【シャーベットを作る材料・道具】
・市販されている氷菓「チューペット」、「ポッキン」
【冷やすための材料・道具】
・氷
・塩
・瓶(ペットボトル)
【観察するためにあると便利な器具】
・マイナス30~50度ぐらいまで測れる温度計
(東急ハンズなどでは実験用のものが、少し大きめのスーパーの台所用品コーナーには料理用の温度計がよく販売されています)

「塩で『簡単シャーベットショー』」の楽しみ方とやり方

楽しく料理をする体験を楽しめるように、かしこまらずに「おやつだよ~」と呼び出して、「何々~?」とやって来た子供に「今からあっという間にシャーベットを完成させるよ!」と言って気楽に取り組みました。

失敗したり、子どもが途中で飽きてしまっても、心のどこかに何かがひっかかったり、家族で試行錯誤したりする時間を持てればOK! というのは家庭ならではです。

次のページへ>「シャーベット実験」の詳しい方法

SHARE ON
Facebook
Twitter
【担当ページ】 ・最新の教育情報をお届けする 「『学び』の最前線」 ・料理をSTEAM教育風に楽しむ 「サイエンスクッキング」 ・季節の手仕事を紹介する 「季節の手仕事」 ・子どもの絵日記エッセイ 「子どもと手仕事日記帳」 出版社、教材編集を経て2013年に「いこーよ」へ。小学生の女の子2人のママ。大学院、モンテッソーリ教育教師、華道、ダイビング資格有。ライフテーマは幼児教育から小学校、中学校、高校、大学、社会人へとどのように学びをつなげていくか。特に幼児教育から中学受験への連携に日々奮闘中。

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 【育児はじめて物語】怒りは「キーーーッ!」から始まる【第3話】

    発達障害の息子が4歳で初めて怒った! パパがとった対応とは?

  2. 「自宅で子供がダラダラしてしまう…」 医師が改善方法を紹介!

  3. 自宅でも勉強に集中できる! リビング学習のコツ&やる気UP術

  4. 子どもは自分の分身じゃない!パパ必見の0~6歳年齢別コミュニケーション術

  5. 自分の描いた絵が展示される! 親子で楽しめるアート企画開催中

  6. 【森のようちえん】遊具なしでも大興奮「公園遊び」5つの方法 雨の日も楽しい(東京都江東区「NPO法人マザーツリー自然学校」)