水辺の生き物や危険生物も! 親子におすすめ「生き物図鑑」

自宅での学びが深まる「生き物図鑑」をまとめて紹介します! 動物園や公園、水辺へのおでかけ前後はもちろん、外出できない時期もクイズや飼い方など楽しめます。ぜひ参考にしてくださいね。

幼児向けから小学生用まで! 「動物図鑑」5選

子供たちが大好きな動物の図鑑は、最初の一冊に最適。年齢に合わせて何冊かあってもいいですよね。ここでは、1~2歳児が手に持てるものから、小学校高学年向けの図鑑まで、幅広く紹介しています。DVD付きや、動物の顔を実物大サイズの写真で見せる大迫力の一冊もあります。全5冊の特徴や魅力、最適な年齢もわかるのでおすすめです。

詳細はこちら!

飼う・捕まえる前に必読! 「飼育方法・飼い方図鑑」

 ペットショップにいる「小動物の飼い方」や、カブトムシやザリガニを「捕まえたときにどうするか」がわかる本や図鑑を6冊紹介。野生の生き物は、家に持ち帰るまでが死にやすいため、それを避ける方法も学べます。正しい知識を得て、上手に生き物を飼育しましょう。親にとっても役立つ知識があるので、便利ですよ。

詳細はこちら!

海や川遊びが楽しくなる「水辺の生き物図鑑」

海や川、池、田んぼなど、「水辺」の場所で出会える生きものの図鑑をセレクトしています。「タニシのオス・メスの見分け方」や、「メダカが体の色を変える方法」を解説する絵本図鑑は、大人も知らないことが多く、興味深く読めるはず。「はまべでひろったよ」では、貝殻拾いの注意点や持ち物も紹介しているので、海へ遊びに行く前の準備に役立ちますよ。

詳細はこちら!

応急手当も学べる! 「危険生物」図鑑5選

猛獣や有毒生物といった「危険生物」に関する図鑑を年齢・タイプ別に紹介しています。窓を開くと危険動物が襲ってくるなど、ドキドキするような仕掛け満載の図鑑も! いざというときの応急処置や、危険から身を守る方法を解説する本もあり、親の方が知っておきたい知識や勉強になることが多いかもしれませんね。

詳細はこちら!

身近な生き物から、想像力をかきたてる危険動物まで、さまざまな生き物図鑑を紹介しました。子供とコミュニケーションしながら、楽しく読んでくださいね。

SHARE ON
Facebook
Twitter

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. 息子の初めての寝返りの瞬間! そのときパパは何をしたか!?

  2. 遊びながら「算数」が好きになる! 知育おもちゃ・アプリ・工作

  3. 鈴木あきえさんが子育てで大切にしているココロのスキル【前編】

  4. 好奇心や共創心を育む!オンライン謎解きイベント攻略ガイド「トレコレキッズ オンライン」(タカラッシュ)

  5. 【子どもと季節の手仕事・7月番外編】子どもが作れるトウモロコシの簡単アレンジレシピ2選「トウモロコシのポタージュスープ」と「かき揚げ」

  6. 中2で将来を決めた江戸切子職人 清秀さんの「やりとげる力」とは【つくる人】