「熱中症」の約4割が自宅! 子供の注意ポイント・予防・対策も

暑い日が増えてくると、熱中症が気になりますね。外出を控えている今年は、体が暑さに慣れにくいことも考えられ、例年以上に注意が必要になりそうです。

一般財団法人日本気象協会が推奨する「熱中症ゼロへ」プロジェクトは、熱中症の対策をまとめ、公式サイトで紹介しています。

熱中症の約4割は自宅で起きている!

熱中症というと屋外と思いがちですが、総務省消防庁によると2019年の発生場所の4割弱が「住居」とのこと。「熱中症ゼロへ」プロジェクトでは、「室内熱中症」の解説や対策ポイントについても、イラストと文字でわかりやすく解説しています。

室内熱中症の対策ポイント6箇条!

「熱中症ゼロへ」プロジェクトによると、室内熱中症対策として気にしたいのは以下6つのポイントだそう。

1. 温度と湿度を気にする

2. 室温を適切に保つ

3. こまめな水分補給/適度な塩分補給/休憩

4. 生活リズムを整える

5. 体を暑さに慣れさせる

6. 自分も家族もなるかもしれないとお互いに気にかける

生活シーンごとの注意ポイントも

また、在宅ワーク時や子供が遊ぶ時、睡眠時など、生活シーンごとに注意したいポイントも紹介されています。子供は「乳幼児」と「児童・中高生」にわけて、予防と対策が案内されているので、参考になりますよ。

熱中症対策にもなる「ウォーターマスク」

今年はマスク着用の熱中症への影響も懸念されていますが、寝具・メディカル部門を持つオーシン(福井県越前市)は、水で濡らして使用する「ウォーターマスク」の販売をスタート。水に浸し絞って装着すると、マスク内に内蔵された保水シートから水分が蒸発し、周囲の熱を奪う気化冷却効果で口元がひんやりするという仕組みです。

大人用と子供用の2種類で、洗濯機で丸洗いして繰り返し使用できます。

これから本格的な夏を迎えますが、熱中症に気をつけて過ごしたいですね。

■「熱中症ゼロへ」プロジェクト

https://www.netsuzero.jp/

室内熱中症の対策をまとめた「熱中症、こんな人は特に注意!室内で過ごす人」編

https://www.netsuzero.jp/learning/le10

■ウォーターマスク 商品概要

会社名: 株式会社オーシン

サイズ: 大人用(12×16cm)・子供用(9×14cm)

カラー: ベージュ、ピンク、ブルー、グリーン

価格: 1枚あたり 990円(税込み)

購入ページ: https://store.shopping.yahoo.co.jp/osin/owm-m.html

関連記事

  1. 【注目の新刊】きみの「ねぐせ」もこんなふうに作られているかも!?

  2. テレビ&スマホを家で楽しむ方法 子供が使用時の注意点・影響も

    テレビ&スマホを家で楽しむ方法 子供が使用時の注意点・影響も

  3. シッターサービスが1時間150円に! 都内のエリア限定で利用可能

  4. 【注目の新刊】ポケモンと一緒にプログラミング学習で思考力アップ!

  5. 医師が回答! 「子供が新型コロナになったら?」「解熱剤NG?」

  6. 子どもの初チャレンジを応援! 手料理で感謝の気持ちを伝えよう