シッターサービスが1時間150円に! 都内のエリア限定で利用可能

首都圏で居宅訪問型病児保育を展開する「フローレンス」は、東京都渋谷区と豊島区限定で、6月末(予定)まで、健康児を対象としたシッターサービスを開始しました。新型コロナウイルス感染症の影響で、育児と在宅勤務の両立に悩んでいる家庭はぜひチェックしてみてください。

助成を利用すれば1時間150円!

創業から15年間、病児保育を提供してきたフローレンスが、健康な子供を対象とする「健康児シッタープラン」をエリアと期間限定でスタートしました。通常は入会金を支払って利用会員になる必要がありますが、このサービスは会員以外でも利用できます。

利用料金は、子供1人につき1時間2,000円(税抜)と交通費1,000円(税込み)ですが、渋谷区と豊島区では、認可外の居宅訪問型保育サービスへの助成を導入。利用者が自治体へ申請すれば、1時間あたり150円の自己負担(実質)で利用できます(助成対象は未就学児のみ)。助成の詳細については各自でご確認ください。

スタッフは保育中のグローブ着用など、感染予防対策と健康管理をしっかり行ったうえでの保育とのこと。コロナ禍で親子のストレスがたまりがちな今、笑顔で過ごせるように心がけたいですね。

■「健康児シッタープラン」

対象エリア:東京都渋谷区、豊島区

利用可能日:月〜金曜(土、日曜・祝日は休み)
利用時間:9:30〜18:30(最低利用時間 2時間)
預かり対象:生後6ヶ月〜小学校6年生の健康児(当日朝の検温で37.5℃未満)
預かり場所:利用者宅
入会金・年会費:無料
保育料:子供1人につき2,000円(税抜)/時+交通費1,000円(税込)
※保育料は15分(500円)単位で切り上げ
※子供1人につきスタッフ1名での預かり
※渋谷区・豊島区の助成を受けることで、実質150円/時の自己負担で利用可能(未就学児のみ)

詳細はこちら

https://byojihoiku.florence.or.jp/tmp-sitter/

渋谷区の助成に関する詳細ページ

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kodomo/hoiku/service/babysitter_coronajosei.html

■豊島区の助成に関する詳細ページ

http://www.city.toshima.lg.jp/452/siritsu/2004231430.html

関連記事

  1. 好奇心や共創心を育む!オンライン謎解きイベント攻略ガイド「トレコレキッズ オンライン」(タカラッシュ)

  2. 7歳&5歳の子どもと初挑戦! 子どもの本音を引き出す「家族会議」

  3. 発達障害の4歳息子がYouTubeで成長したところとは?

  4. 新米で作ろう! 子どもと11月の手仕事「梅・昆布・チーズ・鮭・味噌のおにぎり」レシピとポイント

  5. 【森のようちえん】遊具なしでも大興奮「公園遊び」5つの方法 雨の日も楽しい(東京都江東区「NPO法人マザーツリー自然学校」)

  6. 親子で一緒に盛り上がる! おすすめボードゲーム&遊び方