シッターサービスが1時間150円に! 都内のエリア限定で利用可能

首都圏で居宅訪問型病児保育を展開する「フローレンス」は、東京都渋谷区と豊島区限定で、6月末(予定)まで、健康児を対象としたシッターサービスを開始しました。新型コロナウイルス感染症の影響で、育児と在宅勤務の両立に悩んでいる家庭はぜひチェックしてみてください。

助成を利用すれば1時間150円!

創業から15年間、病児保育を提供してきたフローレンスが、健康な子供を対象とする「健康児シッタープラン」をエリアと期間限定でスタートしました。通常は入会金を支払って利用会員になる必要がありますが、このサービスは会員以外でも利用できます。

利用料金は、子供1人につき1時間2,000円(税抜)と交通費1,000円(税込み)ですが、渋谷区と豊島区では、認可外の居宅訪問型保育サービスへの助成を導入。利用者が自治体へ申請すれば、1時間あたり150円の自己負担(実質)で利用できます(助成対象は未就学児のみ)。助成の詳細については各自でご確認ください。

スタッフは保育中のグローブ着用など、感染予防対策と健康管理をしっかり行ったうえでの保育とのこと。コロナ禍で親子のストレスがたまりがちな今、笑顔で過ごせるように心がけたいですね。

■「健康児シッタープラン」

対象エリア:東京都渋谷区、豊島区

利用可能日:月〜金曜(土、日曜・祝日は休み)
利用時間:9:30〜18:30(最低利用時間 2時間)
預かり対象:生後6ヶ月〜小学校6年生の健康児(当日朝の検温で37.5℃未満)
預かり場所:利用者宅
入会金・年会費:無料
保育料:子供1人につき2,000円(税抜)/時+交通費1,000円(税込)
※保育料は15分(500円)単位で切り上げ
※子供1人につきスタッフ1名での預かり
※渋谷区・豊島区の助成を受けることで、実質150円/時の自己負担で利用可能(未就学児のみ)

詳細はこちら

https://byojihoiku.florence.or.jp/tmp-sitter/

渋谷区の助成に関する詳細ページ

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kodomo/hoiku/service/babysitter_coronajosei.html

■豊島区の助成に関する詳細ページ

http://www.city.toshima.lg.jp/452/siritsu/2004231430.html

SHARE ON
Facebook
Twitter

RELATED ARTICLEあなたにおすすめの記事

  1. “色”を楽しむ|「どんなにきみがすきだかあててごらん なつのおはなし」

  2. 6歳までが効果的!足裏への刺激で子どもの運動能力を向上させよう!

  3. 乳幼児にオススメ! 五感を刺激する「歩育」で好奇心を引き出す方法

  4. 生後10カ月から育む想像力 成長の仕方は物語型・図鑑型の2タイプ!

  5. 自宅で楽しく体幹を鍛える! トランポリン&バレエ&フラフープ

  6. 乳幼児の「ケガや事故」を防ぐ! 自宅でできる予防策&対処法