おすすめ絵本アプリ&子供向けノベルまとめ すべて無料で充実!

外出自粛要請に伴い、子供と過ごす時間が増えたママパパは多いはず。そこで今回は、自宅で楽しめる子供向けのおすすめ絵本アプリやオンラインノベルを紹介します。すべて無料で充実しているので、ぜひチェックしてください。

ことばの宝箱

多言語教育推進会が展開する「ことばの宝箱」は、100冊以上の絵本を日本語・英語・中国語・スペイン語・韓国語の5カ国語で読める幼児バイリンガル教育iOSアプリ。

通常有料ですが、初回ダウンロード時にクーポンコード「5e8e80f229b2d」を入力すると、30日間無料で利用できます(バージョンや機種により利用できない場合もあります)。

ネイティブのナレーションを聞くこともできるので、外国語学習にもぴったりです。

「ことばの宝箱」公式サイト

maria@home

マリアプロジェクトが運営する「maria@home」(iOS/Android)は、絵本を通して想像力や探究心などを育む無料の対話型次世代教育アプリ。2020年4月15日(水)からは、インスタグラムで活躍している人気育児まんが家が書き下ろした絵本の提供も始まり、通常のカリキュラムを4回学習するごとに1作ずつ無料で読むことができます

育児まんが家の作品は、ママの一大事に家族を守ろうと奮闘する男の子を描いた「オコサマン」(ぴよとと なつきさん作)や、悩み事を抱えた女の子の気持ちをゾウがほぐす「ネンネン」(ブブさん作)など、ユニークなラインナップ。提供は5月末までを予定しています。

「maria@home」公式サイト

こどもノベル・プロジェクト

主婦の友インフォス「ヒーロー文庫」は、Web上で「こどもノベル・プロジェクト」を実施中です。人気ライトノベル作家が書き下ろした子供向けの短編物語を無料で公開しています。作品数は、2020年5月18日(月)現在で24あります。

ほとんどの作家が初めて書いたという子供向けノベルですが、読み応えのある作品ばかり。なかでも、テレビアニメ化されたライトノベル「異世界食堂」の原作者・犬塚惇平氏による「しまからの手紙」は、とある島の不思議な神様の物語で、大人も楽しめます。

「こどもノベル・プロジェクト」公式サイト

読み聞かせにもぴったりの作品が多いので、ぜひ親子で楽しい時間を過ごしてくださいね。

関連記事

  1. おうちで楽しく学べる「ひらがな」 読み書き&教え方のコツも!

  2. 子どもの好奇心が爆発!非認知能力が育つ海遊び体験【イベント体験レポート】

  3. 鉄道好きの幼児が夢中! 楽しく「あいうえお順」を覚える方法とは!?

  4. 【育児はじめて物語】バリカンでガマンを覚える【第10話】

  5. 我が子は3歳まで! 長引く「よだれ」対策に100均アイテムが効いた

  6. 【注目の新刊】世界の名作をもとにしたクイズで「読解力」が伸びる!