自宅で楽しめるおすすめ「粘土遊び」 作り方&遊び方も!

新型コロナの影響で自宅で過ごす時間が増え、遊び方に困っているファミリーも多いはず。何度もできる「粘土遊び」は、想像力や発想力も養えるので、小さな子供にも最適ですよ。

年齢別の遊び方もわかる! おすすめ粘土遊び

子供の美術教育について研究している藤原逸樹先生が、おすすめの粘土や年齢別に効果的な遊び方を紹介しています。粘土遊びのメリットは多く、感覚機能が育つほか、手指の発達を促進したり、創造性を育んだり、思考力をつけることにもつながりますよ。落ち着きのない子供も集中して取り組む例が多くあるそうです。1歳から6歳ごろまでのおすすめの粘土遊びもわかるので、ぜひやってみてください。

小麦粉粘土なら口に入っても安全!

小麦粉で作られた粘土をご存じですか? 小さな子供の口に入ってしまっても安心で、楽しく遊べます。水と小麦粉だけで作れるほか、食紅などで色を付けることも可能です! 年齢別のおすすめ遊び方に加え、実際に2歳と4歳のきょうだいが作って遊んだ感想もわかりますよ。小麦アレルギーの場合は注意してください。

親子でいろんな作品を作って、自宅時間をぜひ楽しく過ごしてさい。

関連記事

  1. 遊びながら「算数」が好きになる! 知育おもちゃ・アプリ・工作

  2. 100均で簡単DIY! 「おしたく時計」で小1娘が課題克服に挑戦

  3. 木を切ることで集中力や想像力が育まれる!「秋の伐採体験」レポート

  4. 人気タレント&アナウンサーのおすすめ「読み聞かせ動画」10選

  5. 子供の寝かしつけのコツ&悩み解消! 快眠グッズ&アンケートも

  6. 発達障害の4歳息子がYouTubeで成長したところとは?